沢尻エリカの性格がヤバすぎw共演者イジメを笑顔で暴露しアナウンサーがドン引き?

エンタメ, 女優

20131119094410

今年1~3月に連続ドラマとして放送され好評を博し、わずか4カ月で続編放送と相成った『ファーストクラス』(フジテレビ系)。シリーズ1では“お騒がせ女優”“別に”“大麻”などのレッテルを貼られまくった沢尻エリカ(28)が久々の主演ということで注目を浴び、結果的に高視聴率で女優としての存在感を放った。しかしかねがね業界内で指摘を受ける「性格のキツさ」や「傲慢さ」は健在のようだ。

     スポンサードリンク

 シーズン2の初回放送日となった10月15日、ドラマ番宣のために、共演女優たちとそろって、沢尻は『めざましテレビ』のインタビューを受けた。ドラマのテーマは1も2も「悪女たちの戦い」。そこで、沢尻は「自分のことを『悪女だなあ』と思うことはありますか?」と質問されたのだが、次のように答えていた。

沢尻「いっぱいありますよ。気に入らない子がいて、で、収録中にその子のことを泣かせたことがあって(笑)。その子が一番ショックなことを、私がグサッって言っちゃったの、本番中に。そしたら『うっうわぁ~ん(泣)』みたいな(笑)」
28178459
 撮影本番中に、「気に入らない子」をわざと泣かせたという共演者イジメとも受け取れるエピソードを嬉々として明かす沢尻。さらに腕組みをしながら、

沢尻「はあ? 何泣いているの、こいつ、みたいな。『ふざけんなよ』『収録止めんなよ』みたいな(笑)」

 と大爆笑で当時の「悪女ぶり」を振り返った。悪女というか、単純にイジワルなだけだと思うが……。

沢尻「そのころ、私、10代(年齢を強調)! 今もうアラサー! いい大人なんで、今はもうしませんから! 昔ですから! 10代の話ですから!」

にこやかに笑いながら周囲のスタッフにまで目線をやり、「今はもうしない」と強調する沢尻だった。スタジオのアナウンサーたちはこのエピソードを「面白い話題ね」と捉えたような笑顔で見ており、エンタメ担当の軽部真一は「さすが沢尻エリカ伝説、武勇伝を自ら!」と誉め言葉まで出したが、正直ドン引きだったのではなかろうか。そもそも過去のイジメ行為は「武勇伝」でもなんでもない。

 沢尻が芸能界で頭角を表したのは、05年1~3月に放送された主演ドラマ『1リットルの涙』(フジテレビ系)のころで、当時彼女は19歳。その2年ほど前から、ドラマや映画にも出演しており、どの現場で起こった事件なのか定かではないが、実際、どこの現場でも同じようなことをやらかしていそうでもある。
images
 そんな10代の頃に沢尻と何度か共演経験のある女優・綾瀬はるか(29)の主演ドラマ『きょうは会社休みます。』(日本テレビ系)が、今回の『ファーストクラス』の裏番組。放送前から「水10視聴率対決!」と煽られていたが、初回の視聴率は綾瀬主演作が14.3%、沢尻主演作が8.8%と大きく差が開いた。10代のころはそう大差ない美少女女優としてのポジションにいた2人だが、この10年で「悪女女優」と「好感度ナンバーワン女優」という対極の存在になった。沢尻が綾瀬への対抗意識をむき出しにしているとの話もあり、『ファーストクラス』の撮影現場はひょっとしたら殺伐としているかもしれない。ともあれ次週以降の対決結果も気になる。

引用元:messy

これについてネットでは

「キャラじゃなくて本当に性格悪かったんだな…」

「昔のこととはいえ笑顔でそんな事を話すことにマジで引くわ…」

「こいつの出てるやつは絶対に見ない!」

「若かりし頃みたいに語ってるけど、普通に性格悪いなwww」
2014031003
「よくヤンキーが、悪ぶった過去を自慢するがそんな感じか」

「マジで引くわ…」

「この人は性根が腐ってますね」

「美人で可愛くてスタイルも声も良いが色々残念」

などのコメントがありました。

     スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP