大人AKB塚本まり子が握手会に初参加!!出演CM公開で感謝!!ファン応援に「すごくうれしい」

アイドル, エンタメ, テレビ・CM・雑誌

大人AKB
アイドルグループ・AKB48に期間限定で加入した「大人AKB48」の塚本まり子さんが11日、京セラドーム(大阪市西区)で開催された握手会イベントに初参加されました。参加前に「一生懸命に頑張ります。どうか握手しに来て下さい」と不安そうにアピールしておられましたが、本番ではファン一人ひとりに「ありがとうございます」と丁寧に笑顔で対応されていました。

また、年下の先輩メンバーからは「ネ申(ねもうす)テレビ」や「塩対応」など「AKB用語」なるものを教わり、即席の“新人教育”も受けたもようです。

スポンサードリンク

 
以下、引用

 AKB48が30歳以上の期間限定メンバーを募集した「大人AKB48オーディション」で5066人の応募者から選ばれた塚本まり子(37)が11日、大阪市西区の京セラドーム大阪で行われた全国握手会イベントにサプライズで初参加。年下の先輩メンバーから即席の“新人教育”を受けた。

 塚本は握手会の前に行われたミニライブでステージに初登場。MCの北原里英(22)から「『ネ申(ねもうす)テレビ』って知っていますか?」と質問されたが「ネモウステレビ?知りません」と返答。メンバー一同が「ですよねぇ」とうなずいた。

 「AKB48ネ申テレビ」はCSファミリー劇場で08年から放送されているAKBの冠バラエティー番組。北原が「“ネ申”というのは“神”という字をカタカナと漢字に分けて読みます」と解説。「私たちAKB48がお世話になっている番組で、育ててもらってきた番組なんです」と説明した。

 また、塚本のために握手会講座が開かれた。ほかのメンバーがさまざまなファンや警備員役を演じて“握手会あるある”を紹介。ファンにそっけない態度をとることを意味する「塩対応」というワードが出てくると、塚本は「塩?」と首をかしげた。高橋みなみ(23)は「しょっぱい感じ」と説明。北原が「これから学んでいきましょう」と助け舟を出した。

 島崎遥香(20)からは「今日の全国握手会は、普段の握手会より流れが速いので頑張らないと」と実戦的な助言。塚本は「一生懸命に頑張ります。どうか握手しに来て下さい」と不安そうにアピールしてから初めての握手会に臨んだ。

引用元:デイリースポーツ

これについてネットの反応は、

「綺麗だけども現役メンバーと並ぶとお母さんにしか見えない」

「37歳のオバちゃんにあの格好されると・・・ファンでさえ引くんでは?」

「いくら世代違うってもオーディション受けて合格までしてんだしある程度は事前に色々覚えるでしょ、普通は」

「何故か萌えてしまう…」

「熟女好きな人にはタマランだろうね」

などのコメントがありました。

元モーニング娘。の市井紗耶香さんや、お笑い芸人のキンタローさんらがオーディションに参加し話題になりましたが、結局一般人の塚本まり子さんが合格する形になりました。しかし元々一般人という事もあり、塚本まり子さんは今イチ成りきれていない感じがあり、アイドルにはすこし不向きなのでは?というようなコメントもありました。

今後次第にあか抜けてくるとは思いますが、果たしてこの「大人AKB」企画は成功するのでしょうか。

スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP