ヒカキンの年収に驚愕!?YouTuberって広告収入だけでそんなに稼げるの!?動画撮影や編集のコツをHIKAKINが伝授!?

エンタメ

20140114-090614
YouTubeに自身で撮影した動画をアップして再生回数に応じて広告収入を得るYouTuberという職業が最近話題になっておりますが、その中でも一際目を引く動画で注目を集めて、CMやテレビ番組などにも出演している日本のトップYouTuberと言っても過言ではないHIKAKIN。

動画をアップして働かずに収入を得る事が出来るなんて夢のような職業ですが、そのなかでもトップクラスの人気を誇るヒカキンさんはいったい幾らくらい稼いでいるのか気になったので少し調べてみました。

     スポンサードリンク

ネットで検索してみると、真相は定かではありませんが、なんと6億円も稼いでいるという情報がありました。
動画を撮影して編集しそれをアップするだけでそんなに稼げるのならみんなもやりたくなりますよね。

でもただ動画を撮ってアップするだけなら誰でも出来るし、それでは誰も見てくれず再生回数ものびないと思います。

そこでヒカキンさんが動画の撮影や編集方法などの人を集めるコツを紹介している記事があったので紹介します。

以下引用

とにかく見る人のことを考えて撮影する!

まず、撮影時のコツを聞いたところ、とにかく重視するのは「見ている人のことを考える」とのことです。例えば、お菓子や面白いグッズなどを紹介するレビュー動画を撮影する場合、自分だけでなく「商品もちゃんと見やすく映っているか」をしっかり心掛けることが大事。

「目線」や「声のトーン」も重要とのことです。特に声に関しては重視するそうで、トゲトゲしい言い方やトーンになっていないか、ちゃんと見ている人が聞き取りやすいように話せているか、などを注意するとのことでした。

進行に慣れないうちは、台本を作ってみるのもいいでしょう。レビュー動画の場合は説明すべきところとその必要のないところを台本で明確にしておくと、不必要な情報が入って動画が間延びしてしまうのを避けることができます。

慣れてきたら、頭の中で構成を考えながら撮影してみるのもいいですね。台本がないことで不確定要素が増え、予期せぬ面白いハプニングが起こることもあります。「台本を作らない方がいいこともある」とHIKAKINさんも語っています。

ちなみに、撮影機材については「最初はそこまでこだわる必要はない」とのことでした。HIKAKINさんもあまり機材にこだわりがないタイプだそうで、最近まで市販の数万円程度のデジタルビデオカメラを使っていたそうです。

それこそ、気軽に撮影できるスマートフォンでもいいかもしれません。まずは撮影に慣れていくことが大事だといえるでしょう。

■編集の際も見ている人がだれないような配慮を!

次は動画を編集する際のコツを聞いてみました。ここで重視するのは、とにかく間延びしない動画にすることです。YouTubeの動画は、長いものよりも大事なポイントだけを押さえた短い動画の方が、見てもらいやすいからだそうです。

編集する際は、余計な部分は面白い要素がないのならとにかくカット。できるだけ短くするのがいいでしょう。とにかく見ている人が飽きないように、これが大事です。

しかし、HIKAKINさんのヒューマンビートボックスの動画など、ライブ感が重要になる動画の場合は、編集しない方が良い傾向もあります。手を加えないことで見ている人に、よりライブ感を伝えることができます。

編集で動画の最初にオープニングなどを入れるなど、キャッチーな要素を作るのも再生数アップのコツ。動画の冒頭に何かしらの「気になる要素」を入れることで、その続きも見てくれたり、次の動画も見てくれる要因になるそうです。

オープニングを入れたくない場合でも、スタート時にお決まりのせりふや合図を入れるといいでしょう。個性的なスタートのものは多くの人に注目される可能性が高まります。

■毎日継続してアップすることでファンが増える

他にも、

・毎日継続して動画をアップしてみる
・人気の動画や投稿者のネタを見て研究する
・人気動画の面白いポイントを取り入れてみる
・より視聴者に身近さを感じてもらえる題材を扱う
・自分が面白いのも大事だが視聴者が面白いかどうかを考える

といったことを心掛けるといいそうです。

また、こうした動画を投稿する中で避けて通れないのが見ている人からの批判コメント。心ないコメントを読んで心が折れてしまう人も多いのですが、批判内容も動画の参考にするなど、前向きな気持ちで取り組むのが大事だとHIKAKINさんは話しています。

これについてネットの反応は

「6億稼げても、キモいもんはキモい」

「こんな顔でも6億稼いでいたら女にもてまくるんだろーな…」

「キモいとか言われてるけどこんだけ稼いでいたら完全勝ち組だよ」

「廃人ゴミどもから金を巻き上げて楽しいかい!?」

「こいつの動画見た事あるけど、以外に面白いのもあるから好きなやつは好きなんだろーな」

「ヒカキンのボイパは神レベル」

「この人のボイパはすごいよね。顔はキモいけど」

「世界中で日本人はこんなだ!って思われてそうでイヤ」

「たまにテレビでてるけど、こんなに稼いでいるとは思わなかった…」

「男だけど結婚してくれ!」

「ニートと億万長者が紙一重だという事が分かりました」

「こんなやつが…」

「僕は年収60円です」

などのコメントがありました。

ネットなどを見ているとよくヒカキンさんの動画を目にする事がありますが、まさか6億も稼いでいるなんてビックリですね。こういう職業が成り立つなんてなんだか時代を感じてしまいます。今後もこういう新たな職業がどんどん生まれてくるのでしょうか…

もしかしたらこの記事を参考にして地道にやっていけば6億円までは行かずとも広告収入で生活出来るくらいになれるかもしれませんね。
すごい時代です…

     スポンサードリンク

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP