井上真央の大河ドラマ「花燃ゆ」の視聴率は?再放送はいつ?ストーリーあらすじの感想は?キャストがイマイチ?

エンタメ, テレビ・CM・雑誌, 女優, 映画・ドラマ

Bx2ybljCIAAtp_K
【原作】【舞台】【動画】【キャスト】

大河ドラマ「花燃ゆ」の放送が始まり、内容は好評のようですが、視聴率が16.7%と大河史上ワースト3の滑り出しとなったことでネットでも話題になっているようです。果たしてその真相は?

     スポンサードリンク

以下引用

4日にスタートした井上真央(27)主演のNHK大河「花燃ゆ」。好評だった「軍師官兵衛」の後番組ということで期待されたが、初回平均視聴率は16.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。50年以上続く大河史上ワースト3という不名誉なスタートとなった。
5bb2c8cfb50554dc46d4cec3bd246ef3
 敗因はハッキリしている。「幕末男子の育て方。」といういかにもティーン向けの少女漫画にありそうなキャッチコピーを掲げたため、長年の大河ファンがソッポを向いたからに他ならない。加えて、主人公は「吉田松陰の妹」というダ~レも知らない歴史的にはほぼ無名に近い下級武士の娘。つい最近までウィキペディアにも情報がなかったぐらいだ。

 NHKは年末年始の番宣では、史実が少ないからこそ新鮮味があるとPR。純然たる本格派の時代劇ではなく、幕末版ホームドラマで、おまけに学園ドラマの要素もあるという触れ込みだった。

 出演者も豪華で実力派揃い。NHKとしては新たな視聴者層開拓を狙い、さまざまな手を尽くしたが、欲張り過ぎたのか、思ったような結果にならなかったのは残念の極みだろう。

 型破りな兄・吉田松陰(伊勢谷友介)を優しく見守る主人公の文。のちに夫となる小田村伊之助(大沢たかお)と川辺でばったりと遭遇する。この志高き2人の男は、藩の政策を声高に批判し、禁書も読んでいた――というのが初回のあらすじだったが、識者はどう見たか。

 作家の麻生千晶氏が言う。

「そもそも期待薄だったこともありますが、初回の出来はまあまあ。軟派な番宣とは異なり、実際は硬派に作られていました。幕末期の若い長州藩士が国の行く末を憂う姿や、萩一番といわれた松陰の秀才ぶりを彷彿とさせる言動などが丁寧に描かれ、制作側の意図や思惑がきちんと表れていました。ですが、8歳の女児が私塾に自由に出入りするなんて当時では考えられないこと。ただ、そういう根本を問題視しては今作は成り立たない。そもそもの部分は差し引いた上で申し上げたいのは、今後、歴史背景を描きながら、表舞台に現れない主人公を軸にどう物語を展開させていくか。つまり、脚本が問われるわけです。思えば、山内一豊夫婦を描いた『功名が辻』(06年)もホームドラマ。『花燃ゆ』も視聴者から受け入れられる素地はあります。無論、物語の要である主人公をうまく描けなければ、大コケした『八重の桜』(13年)の二の舞いにもなりかねません」
3765255
 物語は始まったばかり。巻き返せるか。

引用元:日刊ゲンダイ

これについてネットでは

「面白かったのに視聴率あんまり良く無かったみたいだね。やっぱり内容と視聴率は比例しないね」

「視聴率ばっかり気にしすぎると面白くなくなってくるし、制作側には自由にやっていただきたいものだね」

「内容はそれなりに良かったと思うけど、また色々言われるんだろな…」

「大河に限らず、最近のNHKは番宣が多いし見るのうざくね?」

「たまには幕末や戦国や中世から離れて古代史もやってほしい」

「井上真央はいいけど、他のキャストがイマイチだね」
darlin12_large
「視聴率よくないのは主人公の知名度が低いからでは?」

「内容はとても真面目でいいドラマだと思いました。ただ番宣が…残念」

などのコメントがありました。

     スポンサードリンク

再放送はいつ?

再放送はNHK総合テレビで毎週土曜の午後1時5分から放送とのことです。

BSプレミアムでの再放送は今のところ無いようなのでお気をつけ下さい。
n-HANAMOYU-large570

コメントを残す

お問い合わせ | 運営者について

PAGETOP